アバナ

他のED治療薬のいい所取り


>>アバナ正規品を購入したい方はこちら<<

ジェネリックだから試しやすい

世界中で名前が知れ渡っているのがバイアグラ・レビトラ・シアリスであり、三大ED治療薬と呼ばれているのは伊達ではありません。

しかし、世界にはこの三つのED治療薬しか存在をしていないのか?っていったらそうではありません。

今最も新しく発売された有効成分アバナフィルを含有して商品としてステンドラという商品が出ています。

これが今2018年、1月時点での世界中に広まりつつあるED治療薬と言っていいでしょう。

このステンドラが作られた経緯として実はアバナフィルの開発には日本人の製薬会社が当初開発をしていました。

そこからアメリカのVIVUS社(ヴィヴス社)に日本とアジアの一部以外での販売以外の譲渡をしてVIVUS社から発売されたという経緯があります。

当初日本の製薬会社が開発を進めていたということで日本を含めたアジア人向けに作られていたのではないかと言われています。

そのため体格のいい西洋人や欧米人に比べて副作用が出づらいように開発されています。

このステンドラの特徴と言うのは今までに発売されたED治療薬の良いところを掛け合わせた薬と言ってもいいでしょう。

レビトラと同じように空腹時に服用すれば最短15分~20分の間で効果を発揮するだけではなくてシアリスと同じぐらい食事の影響を受けないとされています。

まさにレビトラとシアリスのいいところを併せ持った薬といっていいでしょう。

ただし、シアリスのように持続作用時間が長いというわけではなくて薬の効果時間はバイアグラと同程度の4時間~5時間と言われています。

とはいえデート中に多少ならば食事の影響を受けずに済むだけではなくて咄嗟のベッドインの時でも対応をしてくれるということで非常に人気がありますよね。

デート中でも食事をある程度楽しみながらかつ咄嗟の時でも判断をする事が出来るのがいいですよね。

そんな最新のED治療薬であるステンドラは残念ながら2018年現在でも認可されていません。

ですので購入をするのであれば医薬品個人輸入代行サイトを使えば良いのですが、ステンドラを購入するよりもジェネリック医薬品を購入したほうがお得ですよね。

日本では未承認の薬でもインドではすでにジェネリック医薬品が発売されており、多くの人が使用をしています。

また試してみたいけれど決して安い金額ではないから勇気がいるという人でもジェネリック医薬品だったらお試しとして購入できるという人もいますよね。

ステンドラのジェネリック医薬品はアバナです。

製薬会社サンライズメディーズ社が製造・販売するED治療薬のジェネリック医薬品であり、インドのアフマダーバードに拠点を置いていて1993年に設立された比較的若い会社です。

良心的な運営を志しており、その原則にアーユルヴェーダの仏教を軸にしています。

WHOによるGMP(医薬品などの製造品質管理基準)の第三者の管理チェック体制を敷いているので品質も非常にしっかりとしたつくりになっています。

まずは試しに1錠試してみて効果が実感できるのであればまとめて購入すれば1錠あたりの値段が約600円で購入できます。

ステンドラの値段の相場が大体1700円~2000円なので3分の1程度で購入できます。

最新の使い勝手のいいED治療薬を試しに使ってみたいと思ったらアバナフィルを試してみましょう。

↑ PAGE TOP