シアリス

最大36時間もの持続時間


>>シアリスの正規品を購入したい方はこちら<<

ウィークエンドピル

シアリスといえばバイアグラ、レビトラの次に発売された第3のED治療薬と言うこともあり非常に注目を浴びたED治療薬です。

俗にバイアグラ・レビトラ・シアリスの三つを三大ED治療薬と言われているほど世界中で人気と知名度を誇っています。

シアリスは発売前から非常に人気があり、発売されるやいなや世界中で販売が開始されました。

シアリスが世界中で発売されたのは2003年であり、100ヶ国以上で販売されています。

日本での販売に関して言えばかなり遅くて日本イーライリリー株式会社によって2007年7月31日に発売されました。

4年ほどかかっているわけですから全世界で発売されているシアリスを今か今かと待ち望んでいたものです。

シアリスに関しては時間がかかったことも合ったので多くの人が医薬品個人輸入代行サイトを利用して購入していたことでしょう。

シアリスは2013年8月に全世界で世界シェア率42%を超えてNO.1にも選ばれました。

圧倒的な知名度を誇るバイアグラを抑えて発売からたった7年未満でNO.1にも選ばれたということです。

なぜこんなにもシアリスが人気になったのかと言うと他にはない特徴があるからです。

シアリスは他と違い圧倒的な持続作用時間を誇るのです。

シアリスもバイアグラやレビトラと同じように有効成分タダラフィルの含有量の違いによって【5mg、10mg、20mg】の三つの規格で販売されています。

有効成分タダラフィルが最大容量含まれている20mg錠では最大36時間もの持続作用時間があります。

この圧倒的な持続作用の長さと言うのは他にありません。

金曜日の夕方に服用すれば日曜日の朝まで効果を発揮することからウィークエンドピルと呼ばれているので、同棲をして長く付き合っているカップルや夫婦などでよく利用されているのです。

他にも副作用が他のED治療薬と比べて少ないということで今までED治療薬を飲んで頭痛、めまい、色覚異常などが強く出てしまって悩んでしまっている人からしてみても利用するメリットがありますよね。

さらにED治療薬は基本的に空腹時に服用しないと効果がなかったものが、シアリスの場合であれば牛丼一杯分(脂質が30%未満、カロリーは800kcal以内)であれば食べても影響を受けづらいというメリットもあります。

もちろんシアリスも空腹時の方が効果は現れやすいですが、それでも空腹時の性行為がいやだという人やどうしてもデートとなるとある程度食事を摂ってしまうということもあるので多少であれば食事をしても大丈夫と言う安心感があるのは心強いですよね。

さらに空腹時の状態薬を服用して体内に体の成分が十分に行き渡る2時間ほど経過をしたら後は自由に食事をしても影響を受けないというメリットもあります。

だからこそ瞬く間に世界中で人気となって言ったのです。

ただし、シアリスを使用する上で大事な点として効果が現れるまでにかなりバラつきがあるということです。

人によっては1時間で効果を発揮するという人もいれば、4時間経ってようやく効果が出始めたという人もいます。バラつきがあり、大体平均として3時間かかります。

そのためレビトラのように服用してすぐに効果を発揮すると勘違いしてしまう人がいますが、シアリスは元々ゆっくりと効き始めて長く効くというのをコンセプトに行っています。

そこだけは注意をするようにしましょう。

とはいえデートなどでも出かける前に1錠飲んでさえしまえば後は何も気にせずに食事の影響も受けません。

持ち歩く必要もないのです。

↑ PAGE TOP