ED治療薬との併用禁忌薬

命の危険もある


意外な薬が禁忌薬になる

ED治療薬は医薬品ですが、併用して使うのを禁止されているものもあります。

身近なものも禁止となっていますので基本的に今現在、薬を服用したり、塗ったりしている人はED治療専門の医者に必ず相談をするようにしましょう。

どんな薬が禁止なのか、商品名を一つ一つ覚えておくというのは医者でも難しいので系統だけでも把握して置くようにしましょう。

狭心症などの治療に使う硝酸剤系の薬

ED治療薬と併用してはいけないものとして真っ先に上がるのがニトログリセリンに代表されるニトロ系の薬です。

この薬はED治療薬と同じように血管を拡張させる働きをしますのでED治療薬と一緒に併用して服用してしまうと血管が拡張されすぎてしまって血圧を急激に下がってしまいます。

併用禁忌薬ですのでニトロ系の薬や狭心症などを患っている方はきちんと医者と相談しましょう。

またニトロ系の薬はタブレット型から張り薬や注射、スプレー、舌下錠、吸入薬など色々なタイプがありますが、どのタイプでも禁止とされています。

水虫の治療などで使われる内服の抗真菌薬

水虫の菌が爪などに入ってカビを退治する内服の抗真菌薬は併用してはいけない薬です。

一緒に併用してしまうと肝臓に負担がかかりすぎてしまい、ED治療薬の代謝がされずにED治療薬の効果が強く効きすぎてしまうため禁忌とされています。

水虫と勃起不全は中々結びつかないですし、身近な薬であることから見落としがちになってしまいます。

口から飲む薬は禁止ですが、塗る薬では大丈夫ですので確認しましょう。

肺高血圧症で用いられるアデムパス

最近追加された併用禁忌薬であり、古い冊子には載っていないことがあるため注意が必要なのがこのアデムパスと呼ばれる薬です。

肺高血圧症で用いられる薬で、併用してしまうと血圧を強く下がってしまい危険ですので併用禁忌薬に指定されています。

HIVの治療薬とC型肝炎の治療薬

HIVやC型肝炎に対しての薬は肝臓に負担がかかり、ED治療薬を併用してしまうと効果が強く出すぎてしまうので併用禁忌薬になっています。

まとめ

どうしてもED治療薬は“医薬品”のためそこまで飲み方を気にしないと言う人が多いです。

薬は体にいいものと思ってしまう人がほとんどですが、ED治療薬は病院でしか処方を本来は許されないものですから危険な部分もあるということを理解してください。

安易に薬だからと使ってしまうと大変なことに、時に命の危険にまで発展しかねません。

とにかく今現在薬を使っている人、特に持病を抱えている人は専門の病院に行って相談しましょう。

↑ PAGE TOP