ジェネリック医薬品って何?

安価で購入できる


新しい薬も試しやすい

ジェネリック医薬品という言葉は日本でも病院でも多く使われていてなんとなく安く手に入る似たような医薬品っていうニュアンスで捉えている人も居るでしょう。

色々な噂やデマが流れたりしている中で改めて詳しくジェネリック医薬品と言うものを深く理解していったほうがいいです。

ジェネリック医薬品は日本の医療費を軽減させてくれるということで国が推奨しているのでこれからはジェネリック医薬品が主流になる時代となります。

だからこそ今はまだジェネリック医薬品って何?で済むかもしれませんが、これから先はもうジェネリック医薬品は知らないと恥ずかしいということになってしまいますので詳しく知っておくようにしましょう。

まずジェネリック医薬品は先に発売された新薬と同等の成分が配合されて同等の効果をもたらすと証明された医薬品です。

先に発売された新薬と言うのは医薬品としてきちんと効果があると認められた場合、約20年ぐらいは独占的に販売をしてもいいと認められているのです。

それは開発が100億円にも達することも珍しくなく開発期間も10年近くかかることも珍しくないからです。

そしてジェネリック医薬品に関しては独占的な販売期間が過ぎたら同じように販売をしてもいいと認められているのです。

特許として成分も製造方法も公開されています。

また同じ成分を使っていたら自由に販売をしてもいいか?といったらそうではありません。同じように溶けて体内で吸収されるのか?など厳しいチェックを受けて販売がされています。

ジェネリック医薬品と言えども薬によっては販売までに3年~5年はかかると言われています。

もちろん特許が切れる前から薬の開発をしているので早いですが、発売までの期間が短ければ短いほどやはり期待度の高い医薬品とも言えるかもしれません。

よくジェネリック医薬品で言われているのが消費期限が過ぎている医薬品を売っているから安いんだ!と言われていますが、そんなものを売ることなんて普通に考えられますか?

ありえないですよね。

消費期限が切れているのではなくて特許が切れて他の製薬会社からも発売をする事が許可されたものです。

それがなぜか消費期限が切れたと勘違いして広まってしまったのです。

ジェネリック医薬品が効かないというのは完全なるデマです。

もし効かなかったという人はそういった情報を耳に入ってしまってジェネリック医薬品は効かないという先入観でそうなってしまったのでしょう。

もしくは誤った服用をしてしまっているからです。特にED治療薬は正しい服用をしないと効果を実感することが難しいと言われているのでED治療薬の正しい服用方法は把握しておきましょう。

ジェネリック医薬品は今は国境無き医師団などもジェネリック医薬品を使っていたりするなど日本だけではなくて世界中で広がりを見せています。

ですので安心して利用するようにしてください。

↑ PAGE TOP