ED治療の最後との砦ICI療法

98%の人に効果がある


陰茎海綿体に直接注射する

ED治療薬というのは臨床データでも約8割の人に効果が出たといわれたほど多くの人が効果を実感することが出来る医薬品です。

だからこそ世界中で多くの人に利用されていますし、知名度も抜群なんですが、一方で2割の人は効果が無かったということでもあります。

バイアグラやレビトラが効果が無かったらもう性行為は諦めるしかないのか?っていったらそうではありません。

勃起不全を治す方法はバイアグラやレビトラなどの経口薬だけではありません。

たとえED治療薬に効果が無かったとしてもまだ他の方法があります。

ある意味では勃起不全で悩む人の最後の砦とも言われているのがICI療法です。

ICI療法の素晴らしいところというのはバイアグラなどの経口薬のED治療薬でも効果が無かった人でも多くの人が効果を実感できるという点です。

およそ97%の人に効果が出ると言われています。

またICI療法の場合はバイアグラやレビトラなどのED治療薬と違い副作用もありません。

副作用が辛くて性行為をする気になれないという人にもお勧めできます。

ICI療法の仕組みとしてはまずはICI療法を扱っている専門の医者が配合した薬を陰茎海綿体に直接注射をします。

直接注射するなんて絶対痛いでしょ!って思うかもしれませんが、髪の毛の先ほどの太さしかないのでチクッとする程度の痛みしかありませんし、注射する量もかなり少ないので一瞬です。

注射をしたら5~10分程度で勃起が始まり、持続するのは2~3時間程度です。

最初は医者に注射をしてもらい効果がしっかりと出る確認してその後は注射器を持ち歩いて性行為になった時に自ら注射をするようになります。

自分でするのかって思うかもしれませんが、慣れてきたらバイアグラなどの経口薬のED治療薬と違って副作用もないですし、食事制限も特にありませんのでICI療法のほうが使い勝手がいいという人もいます。

ただこのICI療法が広まらない理由として複数あります。

1つはICI療法を扱っている病院の数がまだまだ少ないということ、そして一回あたりの費用が高いという点です。

ICI療法を取り扱う病院は今後は増加していくと思いますが、やはり気になるのは料金ですよね。1回あたりの費用は大体10000円ぐらいかかります。

1回あたりの料金をバイアグラと比べると6倍近く費用がかかる計算になります。医薬品個人輸入代行サイトでジェネリック医薬品をまとめて購入した場合は10倍以上違ってきます。

料金の高さから使用者が増えないということもあります。

また注射をしたら性的興奮があろうと無かろうと強制的に勃起してしまいます。

そのため刺激がかなり鈍化してしまうという点もあるので注意をして下さい。

とはいえバイアグラなどのED治療薬が効かなかったという人にとっては渡りに船だと思いますので最後の砦となるICI療法は頭に入れておきましょう。

↑ PAGE TOP