レビトラ

最短15分で効果が現れる


>>レビトラの正規品を購入したい方はこちら<<

常に携帯しておきたい薬

レビトラはあの夢の薬とまで言われたバイアグラの次に誕生したED治療薬であり、先進医療国であるドイツの有名な製薬会社のバイエルという会社から誕生したED治療薬です。

バイアグラの次に誕生したということで必然的に注目度が高まった薬です。

このレビトラの最大の特徴と言うのは空腹時で服用した場合、最短15分から効果が発揮されたというほどの即効性があるという点です。

これまでバイアグラは服用して効果が現れるのに最短40分ほどで平均1時間ほどかかって効果が現れるものでした。

それが最短15分ということはもはや性行為前にちょっと服用すればその後はスムーズに性行為が出来てしまうものです。

そのため普通にパートナーとHがしたいなぁ~という性的興奮が高まった時に服用すればそのまま性行為が出来てしまうのです。

バイアグラと同様に空腹時に服用しないと効果が現れないという服用上の注意もありますが、服用してすぐに効果が現れるということもあって計算をする必要もありません。

レビトラは有効成分バルデナフィルの含有量の違いで3つに分けられており、【5mg、10mg、20mg】から作られていて日本でも処方されます。

【5mg錠】の場合は有効成分バルデナフィルの含有量が少ないので効果が期待できないので、だいたい病院で処方されることが多いのが最初は10mg錠でその後10mg錠ではあまり効果が現れなかった場合のみ20mg錠が処方されるようです。

基本的にアジア人の体型では10mg錠でも十分に効果が得られるということです。

20mg錠を服用した場合は副作用が強く出てしまう恐れがあるため大体10mg錠で効果が出るという人は無理に20mg錠を服用する必要はありません。

レビトラの最大の特徴でもある即効性の速さはもちろんのこと持続作用時間も長くてバイアグラの4時間~5時間の倍の10時間の効果があります。

性行為をする上で十分すぎるほどの持続作用があるので1度だけではなくて2度出来る時間もありますので時間が気になるということはないと思います。

レビトラはまさに常に1錠は携帯しておきたいED治療薬と言えるでしょう。

かばんや財布の中に1錠携帯をしておけば咄嗟の時でも対応をしてくれます。

勃起不全だということを恋人やパートナーに明かしていないという場合でも使いやすいED治療薬とも言えますよね。

ただし、デートや外に持ち歩く場合だったら20mg錠を服用しておくことをオススメです。

基本的にレビトラも空腹時の状態でしか効果はあまり発揮されません。とはいえ外出してデートをするとなったら食事をすることもありますよね。

空腹時で服用することが難しいというケースも多いと思います。そうなった時に20mg錠を服さえすれば吸収率は下がるとしてもレビトラ10mg錠の倍の有効成分が入っているのである程度の軽食であれば効果を発揮することが出来ます。

もちろん満腹の状態では効果はないと言っていいので、もしデートで今夜は性行為をしそうだなって思ったら軽食で済ませてカロリーが少なく脂質の少ないものを食べるようにしましょう。

もしあれだったら性行為をした後に食事をするようにしましょう。

↑ PAGE TOP