妊娠や胎児への影響

あくまでも血管を拡張する薬


ED治療薬の影響はない

本格的に子供が欲しいと思ったときに妊活をスタートさせるとなった時に旦那が勃起不全になってしまって困っているという人もいるでしょう。

これって実は決して少数派の意見ではなくて妊活をしようとしたら男性が勃起不全になってしまったというケースは珍しいものではないのです。

なぜならば今までは性欲や愛する感情に任せて性行為を行っていたものが決められた日に性行為をしなくてはいけないという状況になってしまうからです。

そうなると男性からしてみれば必ずどんなに疲れていようが性行為をしなければいけないというプレッシャーだったり、なんだか作業的な感じになってしまって性的興奮が沸かなくなってしまうということもあります。

女性からしてみれば家族や友達から子供は作らないの?って言われたり、時には辛辣な言葉を浴びせられてしまったりすることもあり、深く傷つけられてしまうということが上げられます。

女性の幸せの全てが子供を産むというわけではないですが、やはり子供が欲しいと願う女性が多いですし、今は不妊に悩む夫婦も増えてきています。

だからこそ女性からしてみればせめて妊活の一番最初に行う子供が生まれやすいタイミングで子作りをして欲しいというのがあります。

にもかかわらず男性が勃起不全になってしまったら元も子もないですよね。

勃起不全が原因で妊活が出来ずに夫婦関係がギクシャクしてしまったという人もいます。

そんな時に役立つのがED治療薬なんですが、夫婦からしてみれば先天性異常の子が生まれてしまうのではないかとか染色体異常になってしまうのではないかと言う不安がありますよね。

しかし、ED治療薬は精子や卵巣に影響を与えるようなことはありません。

あくまでも血管を拡張させて血の巡りを良くして勃起を維持するものをサポートしてくれるものです。

これまでにED治療薬が原因で胎児に影響が出たということも1件も挙がっていません。

さらに不妊治療の専門医がとりあえず中折れや勃起しづらくなってしまうかもしれないからということで念のために1錠渡すこともあります。

専門の医者が念のために渡すぐらいですから安心できますよね。

でも不安だという人は先生に直接話を聞いたほうがいいでしょう。

↑ PAGE TOP