ED治療薬の正しい服用方法

最大限の効果を発揮する為に


用法容量を正しく守ることが大前提

ED治療薬は気軽にドラッグストアやコンビニで買える物ではありません。

きちんとした病院で医者から説明を受けた上で処方してもらう必要があります。

なぜかと言うとそれだけ副作用があり、時には誤った服用をしてしまうと命の危険になる可能性もあるわけです。

だからこそ安易に医薬品個人輸入代行サイトを使うことに医者が警鐘をならしている人もいます。

しかし、ただしい服用方法と信頼できる大手サイトを利用すれば問題ないわけですから必ず正しいED治療薬の服用方法を知りましょう。

元々ED治療薬と言うのは正しい服用さえすれば臨床データでは80%以上の人に効果があると認められた優れた医薬品です。

ED治療薬を服用してあまり効果がなかったという人はもしかしたら正しい服用をしていなかった可能性が高いです。

なんとなく知っているではなくてきちんと知るようにしましょう。

基本的に1日に1錠が原則であり、1錠服用した24時間以上空けなくてはいけないというのが定められています。

ただし、レビトラ10mg錠を2錠服用して20mg錠として服用するのは問題ありません。

レビトラ20mg錠を2錠飲むのはいけません。

ED治療薬と言うのは血管を拡張して一気に血流を良くする薬です。

そのため拡張しすぎてしまうと血圧が下がってしまってあまりに下げてしまうと心臓に負担がかかったり、貧血で倒れてしまったりします。

人によっては救急車で運ばれてしまったという例も少なくありません。

またED治療薬は基本的に空腹時に服用することで効果を発揮します。

食事の影響を受けづらいシアリスやステンドラも基本的には空腹時に服用したほうがより早く強く効果を実感します。

またシアリスやステンドラは食事の影響を受けづらいだけであり、全く受けないわけではないということは理解しておきましょう。

ED治療薬を服用する飲み物としては幅広く対応をしており、お水やぬるま湯はもちろん、お茶やスポーツドリンクなども大丈夫です。

ただし、牛乳などの乳製品と飲んでしまうと胃の中に膜が張られてしまい薬の成分の吸収されずに阻害されてしまいます。

ですので乳製品と一緒に飲むのはいけません。

ED治療薬はアルコール類と一緒に飲んでも問題ありませんが、ED治療薬は血管を拡張させて血の巡りを良くします。

アルコールも一緒になって体中を回るので普段よりも酔いやすくなるので気をつけるようにしましょう。

普段からお酒に強い人ならばまだしもお酒が弱い人は十分に気をつけるようにしましょう。

酔いすぎて気持ち悪くなってしまったら性行為どころではなくなってしまうので気をつけるようにしましょう。

お酒が弱い人は一緒に服用しないほうがいいでしょう。

またグレープフルーツジュースなどを含めた柑橘類と一緒に飲むのもいけません。

グレープフルーツにはフラノクマリン酸が薬の効果が強く現れてしまいます。

薬の効果が強く現れるのであればいいんじゃないの?って思われる人も多いですが、副作用も強く出てしまうという点に気をつけましょう。

副作用についてはED治療薬の副作用についてをご覧下さい。

ED治療薬は臨床データから見ても正しい使い方さえすれば効果をより実感することが出来るわけです。

無理して効果を上げようとしなくても十分な効果を得ることが出来ますので一緒に飲んで副作用に苦しんでしまうよりも正しい服用をして無理のないようにしましょう。

↑ PAGE TOP